<< トイレと便所 | main | ハワイ コナコーヒー >>

NICE DAY TO DIE

湯河原に来ておおよそ十年 折角知り合った友人知人恩人が あの世に旅立っていった。
先週は伊豆山のそば屋 きむらのおやじ木村伊豆男さんが亡くなった、蕎麦がき、アナゴ天ざる、鍋焼きうどんと彼の作るものは何を食ってもうまかった。

 周りから聞いた話では 先代が鎌倉から移住して息子には 伊豆男と名付け我々はよそ者 地元に尽くせよと家訓を垂れた、彼の代になってからは母親から三千万円を借りて 御輿を買い地元の青年を集めて御輿の会を作り
、その団結力を消防団として活動するようにした。
スタジオの近くで火事があったとき 湯河原からの倍の距離がある 伊豆山の消防団が最初に駆けつけてくれた。
私どもが参列した通夜には消防団と 揃いの印半纏が仕切り 三百人近いと思われる参列者をさばいていたっけ。

 彼は七,八年病んでいたのかな、病んでから行く人、病まずにポックリ逝く人 自分では選べないけど、望みとしてはインデアンの酋長の旅立ち方だなあ。 これは前にも書いた事だが、
 寒くなく熱すぎもしない季節 「Nice Day to Die」(死ぬのにいい日だ)とつぶやいて丘に登っていく、夕方になって娘が探しにいくと 大きな木にもたれて眠るように死んでいたとか。

おれには娘がいないから これは一寸無理かもしれないな。 

スポンサーサイト

  • 2017.08.17 Thursday
  • -
  • 23:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 あのおやじは脳梗塞で長いこと寝たきりだった、我々が湯河原にきてまもなくだった。
肩がこるというので休みの日にはストレッチングするとか、マッサージを受けるとか、を何度も薦めたのだが、聞く耳は持たなかったようだ。

 熱海も大分変わった たまには遊びにおいで。
  • 河合 孝雄
  • 2017/02/28 11:19 PM
「木むら」のご主人亡くなったのですか。
ご病気とは知りませんでしたが、そんなにご高齢でも無かったような・・・。
私は天丼が好きでした。
木むらはどうなっちゃうのかな。
ご冥福をお祈りします。
  • おおすみ
  • 2017/02/28 7:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM