<< ショートカット  | main | 静かな楽しみ >>

急がば回れ

 ”馬手に手刀 弓手にたずな 馬上豊かな美少年”
山ではよく歌った田原坂、あれからかれこれ60年、
馬手(右手メテ)に血気胸のホースとプラ容器、弓手(左手ゆんで)は点滴をポールから下げてリハビリである。
少し元気が出てくると人間欲が出てくるのか、飯が不味いタバコが吸いたいなどなど。
週末長男が見舞いに来てくれた。帰り際「この本は棄てられないんだよなあ」と一冊置いていった。
「たった一人の30年戦争」小野田寛郎著である、ルバング島で敵と戦い島民の目を逃れて 、ねぐらを転々と変え
てゆく様には胸が詰まる。
飯がどうのタバコが吸いたいと贅沢は言ってられない。
それにしてもこんなに優秀な男を ここまで洗脳したこの国とはいかに狂っていたのか、考えさせられてしまう。

退院のめどが付いた時には先生方にお願いして、近くの病院への紹介状を書いてもらった、
自宅から50キロある伊勢原まで通うのはつらい、自分で運転できないとあればせいぜい熱海か湯河原だ。
退院の朝は世話をしてくれた看護士さんたちが 代わる代わるに挨拶に来てくれた、皆キビキビと動くし美しい、
白衣の天使達だ。
最もマスクをしているから謎めいて見えるのは確かだが「お願い 又大きな事故を起こして戻ってきて、あなたがいなくなると病院の灯が消えたようになるわ」と目で訴えているように思える。
思えば伊勢原には妻の父母そして先祖からの墓がある、秋には墓参りに来ねばと病院を後にした。

 急がば回れだな。

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • -
  • 15:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM