<< 静かな楽しみ | main | 骨はどこへ行ったの >>

マドンナ昇天

 1964年東京オリンピックの年、ぼくはLAのコーヒーショップで働いていた。
仕事に慣れオーナーのスーも安心したのか、昼下がりの客の少ない時間に、「一寸出かけてくるわね」と曲がりかけた腰を伸ばしてどこかへ出かけていった、珍しい外出である。
夕方客が集まる時間には戻ってきたが、開口一番「日本の女も綺麗になったもんだねえ、、、顔も明るく都会的になってさ、」と驚いた様子「モンローような女」という映画を見てきたのだという。
そして盛んに真理明美という女優を褒める、最もスーは自分の過去を語らないから 想像ではアメリカに移住したのは戦前、驚くのも無理は無いのかな。

 帰国して雑誌社に顔がつながるようになった頃、漫画サンデーの岡部女史が「河合さん撮ってみたい女優いる?」
「いるいる真理明美ですね」と反射的に応えていた。そして後日真理明美のカルマンギアで湘南の海に、水着のモノクロ6ページを撮りに行った。
スーの評価どうりプロポーション抜群、表情の作り方も申し分なく、何よりも芸能人的な気取りが無く友達感覚ですっかりファンになってしまった。
その後ヌードも撮ったのだが、この時はとんでもないミスをやらかしてしまった、どううせ女優が始めから脱ぐわけはアルマイと、アメリカから船便で送り返した期限切れのフイルムを カメラに入れてあったのだ。
ところが彼女気風よくサラリと脱いでくれたから こっちもあわててシャッターを切るのに夢中になってしまった。
現像が仕上がるのが不安で待ちどうしかった事、あんなにイライラして待つ眠れない夜は無かった。
翌日の仕上がりはブルーのフィルターをかけたよう、岡部女史は「アラ クールじゃない素敵じゃないの!」と最大級の賛辞をもらった。

 後日山仲間の堀田が事務所にふらりとやってきた、彼は大塚商会の営業マン、お得意さんの会社の営業部長を訪ねると「堀田君 女はこうでなきゃあねえ」といって机の引き出しを開けると、真理明美のピンナップがドドーンと飾られていたという、その報告に来てくれたのだ。
その堀田は定年退職後夫婦でスイスを旅した後亡くなったし、わがマドンナの真理明美も昨日77歳で逝ってしまった。
    2人共忘れがたい思い出を残してくれた冥福を祈ろう。


スポンサーサイト

  • 2017.12.04 Monday
  • -
  • 00:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM