<< 弱り目祟り目 | main | 女は弱 しされど >>

友を選ばば

 右手を上げると骨がきしむ、左手を上げると帯状疱疹で痛い、だから目薬もさせない。
そんな悶々とする日を送っている時に電話がなった、昔懐かしや 半世紀近くも前に済んでいたマンションの 住民八木さんからである。
「俺 八木だけど、、、かわいさん元気?」
「それが元気じゃないんだよ」で始まりバイクの事故の一部始終を話してしまった。
彼は建築会社の札幌営業所長を務めていたこともあり、子供同士が友達で仲が良かったが、お互い変な奴がこのマンションには住んでいるな位の認識だった。
休日には車のエンブレムをはずして歯ブラシで磨くほどの車好き、子供が車を触ると「触るな 車が汚れる」といい僕の方は「触るな 手が汚れる」 という違いがあった。
体が大きく星野哲郎に似たダンディな男である、夜の十時ごろ聞きたい事があって電話したことがある。
「河合だけど夜分申し訳ない」
「あっ、、、河合さん 悪いけど今日は若いのが皆出払っちゃって ババアが1人しか残ってないんだよ」とデリヘルのおやじを演じみせる。
彼のバイク仲間にもおかしいのる、S君は超が付く女好き、車が縁で引っ掛けた女とデートは京都としゃれ込んだ。
京都中どこ行っても男が2人、目立たないように後を付けて来る、気になって仕方がないが 日が暮れてきたので、予約していた都ホテル逃げ込んだ。
ベッドに入って「今日は気持ち悪かったなあ,変なのに付回されちゃちゃってサア」
「ああ、、、あれ?あれはウチの若い衆よ」とまあ ヤクザの組長の一人娘だった。

「河合さんの話 あいつらが聞いたら歓ぶだろうなあ〜」と八木さん
追加サービスで肺に刺さった骨の写真と、肋骨が折れた二枚のレントゲン写真を郵送した。
まあ笑ってやってくれ、いい供養になるだろう。



スポンサーサイト

  • 2017.12.04 Monday
  • -
  • 23:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM