<< ドーリンピック | main | 竹取物語  その2 >>

竹取物語 その

 わがマンション15年目の改修工事中である。
気の毒な事に工事のクレームが ナンダカンダと理事長の鈴木君に集まる。
彼は50歳のデザイナー 大浴場が工事の時には3週間どちらか片方を使う事になる、3時間ごとに電光掲示板を「男湯」「女湯」とし、のれんは男青、女赤に変えなければなインだからやっかいだ。
いつも机に座って仕事をしていた彼が 体を使う面白さを覚えたのか、年末には門松を作ろうと言い出した。
この建物が出来て13年間は 管理人が器用でプロ顔負けの門松を二つの玄関にて手作りしてくれたが、去年は臨時の管理人で出来合いのしょぼい門松だった。

バイクの事は彼が教えてくれるし、カラオケの機械の調子は彼が見てくれる そして風呂友でもある。「竹取に付き合ってください」といわれれば「いやだ」とはいえないんだなこれが。
スタジオ近くの竹林に入るとこれがいいと、彼が選んだ竹は直径25cmほど、竹専用鋸で2人で交代しながら切って約40分やっと切れたが倒れてくれない、周囲の竹に寄りかかって押しても引いてもビクトモしない。
肉の厚みが3cm程、車につめる長さにするのは、、、。
陽も翳ってきた今日は諦めるしかないか、あんな太い孟宗竹じゃああの台座にゃあ収まらないぜ、という結論となり翌日に持ち越しとなった。
強風用の植木の支えに使う竹は 10秒もあれば気持ちよく切れたんだけどなあ。
                          続く

スポンサーサイト

  • 2018.07.05 Thursday
  • -
  • 00:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM