<< 平昌オリンピック | main | 見舞い御礼 >>

LIVING WILL

 去年バイクで獣道を下りて事故ってからは 体調がおかしくなりっぱなしだ。
七月一日に事故、東海大伊勢原病院に一ヶ月入院、翌年二月には年配の女性相手ならテニスが出来るまでに回復したのだが。
その後は下り坂を転げ落ちるよう、帯状疱疹 関節炎 前立腺ガンとなり国際福祉大熱海病院に入院、五時十五分の日の出を拝み、初島や天気のいい日には大島、そして日が暮れれば漁火を眺めて暮らした。

アンジェーナ ジョリー、湯川秀樹 高倉健 ゲリー クーパー 艶福家でブンガブンガパーティが好きだったベルルスコーニ、
フランス元大統領のミッテラン、天皇陛下、入院中にむさぼり読んだ佐伯泰英さんもこの病気だったとしれば、”赤信号皆でわたれば怖くない”的な安堵感がアル。
佐伯さんの小説の中に 老人が浪人共が大店にいちゃもんをつけているのを見て 番家に届ける、物語の主人公から
「良く自分で手を出さず我慢しましたね」と褒められるとこの老人「年を取って怪我をするとお終いだからねえ」とのたまう。
誰かさんに聞かせたいセリフだったなあ, まあ主治医からLIVING WILL書く事を進められても仕方ない状況なんだな。


スポンサーサイト

  • 2018.08.15 Wednesday
  • -
  • 23:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
見舞いの書き込みを有難う。
流石にお母さんの事もあってなのか癌に詳しいね。
「ガン死ゼロ革命」は探してみたが著者の詳細がわからない。
サイバーサーミアは効果が出ているのかな。

  • 河合 孝雄
  • 2018/06/21 11:45 PM
お見舞い申し上ます。
私の母もステージ4の進行性の膀胱癌になってしまいました。
河合先生の前立腺ガンはダビンチの保険が効くようになったことはいいことですね。
副作用の強い抗癌剤の効果がある患者は3分の1だそうです。
標準治療がベストとは限らないので色々お調べ
になった方が良いかと思います。
癌の治療は10人十色ですから。
母はハイパーサーミアという治療に連れに行っています。これは放射線治療と違い副作用がありません。効果は未知数ですが。
(ヒカルランド)「がん死ゼロの革命」という書籍ををお薦めします。
  • 東てる美のファン
  • 2018/05/23 4:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM