<< ミツオ君物語 その | main | カラオケ事始  >>

カラオケ事始

 雑誌記者の石川君から「面白い店があるから飲みに行こうよ」普段おとなしい彼にしては珍しい。
連れて行かれたのは 新宿3丁目の小さな暗いバア 時間が早いせいか客は我々だけ、マスターが1人。
酔いが少し回ったころ石川ちゃん「マスター あの歌をお願い」と言って手を合わせた。

聞いた事のない歌だったが
”ハリスさんも死んだ 鶴さんも死んだ 今度は私に番なんだ、、、お酒だよ お酒おくれ!”
と絶叫したのだけが妙に印象に残った、こんな演歌があるのかよ、だけどなにやら実話らしい事は判った。
数ヵ月後ポパイの取材でアメリカに行ったことは既に書いたが、永い観光旅行的旅を終えてLAで散会した。
僕は1人でイワオの家を訪ねた、彼は15年前はバーテンをしていた、僕の撮影時のアシスタント、通訳ドライバーもしてくれていた。
その後写真をどこかで学び撮影を選ばずプリント屋LAカラーのオーナーになって成功していた。
「アメリカ人は結婚離婚を繰り返し、結婚パーティーをやるからパーティの写真をたくさんプリントしてくれる、こっちはたまんないよ」家を買いポルシェ(ポーシェ)に乗りラスベガスに通う為軽飛行機の免許も取っていた。
家に着くとすぐに「タカオ 今日本語放送をやっているぞ 見るか」とTVのボタンを押した、画面が現れると浪曲師の天津羽衣が「お吉物語」を歌いだした。新宿3丁目で聞いたあの歌だった、アメリカLAで聞く歌は何とも不思議な感覚だった。

                        続く

スポンサーサイト

  • 2018.12.05 Wednesday
  • -
  • 21:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM