<< ホラとホラーと | main | 愛 着 >>

松茸の露

 半世紀も前の話だから詳しくは覚えていない、季節は晩秋から初冬にかけてであったか、特に寒い日ではあった。
夜の十時に目黒駅前に住む 友人の坂口を尋ねる予定になっていた、噂では彼のおやじ殿は鉄鋼業界の大物、そして業界一の英語通だという。
 朝おきると顔を洗うとき、トイレ、食事中もカセットテープを回しっぱなしだったという、彼(邦彦)自信はヌーボーとした風采、よく言えばいい所のお坊ちゃん、悪く言えば暗闇から引っ張り出した牛だったな。
目黒駅から2,3分2〜3百坪と思える 鬱蒼とした森に平屋の武家屋敷風建物が建っていた。

ある朝食事中に運転手が封筒を手に入ってくると「長い事お世話になりました」と封筒をおやじ殿に差し出した。
中には退職願いが入っていたそうな。
「辞めた後はどうするんだね君は!」「おかげ様で通訳の資格が取れましたので、、」
これには流石のおやじ殿もア然としたという。寒さに耐えかね小便もしたくなったので 15分待って呼鈴を押し
た、なんと思いもしなかったおやじ殿が出てきた。
小柄だけどガッチリした筋肉体質、「こんなに遅く他人の家を訪ねてナンの用だね!」といきなり上から目線である。
「 十時に邦彦君と門前で会う約束をしていたんですが まだ出てこないんで、、、」といえばそのおやじ 何も言わずにきびすを返して家の中に入っていった。
”そうか息子が君に迷惑をかけたのか、先ず入り給え”位の挨拶は在ってもおかしくないのに、まあ鉄鋼業界だから冷たいのは当たり前なのか。
それでも扉を開けっ放しにして家に入ったのは せめてもの侘びの心算なんだな。
やがて暗闇から牛が出てきた、「
「おい寒いんだ トイレを貸してくれ」と金隠しの前に立てば、なにやら短冊が貼ってある。

 ” 急ぐとも 心静かに棹差して 横に漏らすな 松茸の露 ” 無骨だけど粋なおやじであったな。
  

スポンサーサイト

  • 2018.12.05 Wednesday
  • -
  • 15:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM