<< 逢いたい人 | main | 流石にアメリカ  >>

スポンサーサイト

  • 2019.06.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


流石にアメリカ  

 ギヤラクシーという立派な名前のフォード車 吾妻氏の次に乗せた大物は 梶山季之氏だった。
彼が「黒の試走車」という企業小説をベストセラーとし トップ屋として大活躍している事は知っていたが 会って見ると物静かな中年の男だった。
 彼をサンタモニカにあるJAZZのライブハウスに案内してくれ と頼まれてのだがそれが今となっては誰からどうしたルートでき来たかは思い出せない。
サンタモニカの街ああ行ってこう行ってって そこを左に曲がれば的な カーナビの無い1964年いい加減な道順を聞いて出かけた。
夜の8時ごろそこは住宅街で猫の子一匹通っていない 暫くうろうろしていると対面からパトカーが来る”よしついているなあ”と窓を開けると 「一方通行だよ」と機先を制されてしまった。
違反のチケットは覚悟したが「日本のルポライターをライブハウスにしたいんだが ボク自信行った事が無くって」
といえば じゃあ オレが案内するよとばかりに先導してくれた。違反チケットはナシである。

 LA警察の近くのコーヒーショップでバイトした時には 夏休みには一ヶ月の休暇をとって友人仲間と共同で買った別荘でクルーザーを楽しむんだ 等とはたびたび聞かされていたので ポリスのスケールの大きさが違うのであるろう。
                        
                                      つづく
 
 

スポンサーサイト

  • 2019.06.01 Saturday
  • -
  • 15:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM