<< 流石にアメリカ   | main | いつまで続くぬかるみぞ >>

スポンサーサイト

  • 2019.06.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


流石にアメリカ 

 看板もネオンも無いフツーの民家 その一軒と駐車場をを呼指差すと ” ジャズを楽しめよ”といって走り去った。
「さすが観光の街だねえ」と梶山さん、中に入ると30人ほどの客でほぼ満席、丁度休憩時間だった。
飲み物を注文すると彼はすぐに席を立ってトイレに向かった、暫くすると席に戻ってきたんだが 大笑いしたいのを我慢して口を押さえてる ウッシシシと声を上げたい様子だ。
「どうしたんですか」と聞けば
まあ君も行ってきてごらん とばかりに僕の肘を引っ張った。
トイレの前まで行くと大きなガラスのケース その中には大柄なジエーン・ラッセルのくりそ人形が白い華やかなパーティ衣装をまくり上げ パンティを足首まで下ろし便器に座っている。
表情は凜としていて風格さえただよわせてせている、席に戻ると梶山さん「さすがアメリカだねえ 日本じゃあどこを探してもあんなのはお目にかかれないねえ」
その時は気がつかなかったが ジャズを聞くのが目的ではなかった? 面白い仕掛けの店があるぞと誰かに聞いて
ジェーン・ラッセルに会いに来たのかもしれない。

 「何か僕が役に立てることがあったら言ってらっしゃい 協力させてもらうよ」
  物静かな中年の紳士     これが梶山季之さんとの一期一会であった。

スポンサーサイト

  • 2019.06.01 Saturday
  • -
  • 21:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
商用写真 1000の微笑
日本人女性360人分の笑顔写真あります。全写真、河合孝雄による撮影。イベント用の巨大写真、ウェブ用の広告写真などに使用したい方はご連絡ください。 http://www.studiok-2.com/smiles.htm
selected entries
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM